福祉ポータルサイト

  • トップページ
  • お役立ち情報
  • 運営会社
福祉ポータルサイト
福祉
ご挨拶

現在日本は、超高齢社会となっています。超高齢社会とは65歳以上の方が人口の21%以上を占める社会を言います。このように日本は、高齢者が5人の1人の割合で存在している時代となっています。こういった超高齢社会は今後もどんどん加速していき、さらに高齢者の割合が増えると言われています。こういった時代ので中を生きていくためには、福祉分野の発展が欠かせません。福祉分野とは、助けを必要とする人を支援する体制を整える分野です。先ほど述べたように高齢者は加齢に伴う身体機能や認知機能の低下などあらゆる機能が低下することで、今まで出来ていたことができなくなることも少なくありません。そういったことが増えるため、介護を必要とする人がどんどん増えていきます。こういった人たちを支えるのが福祉分野です。福祉分野は、高齢者だけでなく障害者などの社会的弱者に対しても行う分野であり、老若男女問わず、必要とされている分野です。まず、高齢者を支えることとして介護環境の充実の必要があります。現在でも病院だけでなく老人ホームやデイサービス、デイケアなど介護施設はたくさんあり、増え続けています。しかし、それ以上に高齢者の割合が増えているスピードの方が速く、施設を利用したくても利用できない人が大勢います。さらには、施設はあってもそこで働く介護士などのスタッフの人員不足も問題となっています。介護は、肉体労働であり心身共に疲労の溜まりやすい職業でありながら給料が安くことが多く介護職に就く人が少なく人員不足しているのが現状です。こういった現状で、少ない人員で増え続ける高齢者を介護していかなくてはなりません。また施設は、誰でも気軽に入る事ができるわけでなく、施設にかかる金額も決して安くはありません。そのため、働いていない高齢者は年金で生活している人が多いですが、年金だけでは施設を利用できるほどのお金がありません。なので施設に入りたくても入れない人が大勢いるのです。こういった問題点が多く存在する日本では、福祉分野の発展が欠かせないのです。今のままの介護環境のままだと、手助けを必要としている高齢者を手助けできる環境や人員がいなく、見捨ててしまう高齢者が生じてしまう可能性があります。こういった問題を避けるためには、介護環境を整えるため福祉分野に対する支援が必要です。施設の充実や、人員確保するためのお金が十分にあれば高齢者を見捨てることはなくなります。しかし、お金だけでは解決にはなりません。こういった日本の現在の問題点は把握し、今後増え続ける介護の問題をいち早く察知し、解決に向けて福祉分野を発展されていくことが課題になるのです。

企業PR広告